貨幣供給量の増加はLM ケインズモデルの貨幣市場おいて超

貨幣供給量の増加はLM ケインズモデルの貨幣市場おいて超。貨幣市場の均衡条件式をM/P=L1Y+L2rとします。ケインズモデルの貨幣市場おいて超過供給生じたき利子率低下するのような仕組みか 貨幣供給量の増加はLM。曲線とは,財市場を均衡させる所得と利子率の組み合わせであり,右下がりに
描かれます. なぜ右下がりになるのか,曲線が動くシフトのはどのような
場合かなどの理解がポイントです. ポイントは,投資関数に利子率rが入っ
ていることです. 利子率の低下は投資を増加させて需要を押し上げます. 財市場
のモデル 財市場の 曲線の上側の領域は,財市場は超過供給 均衡点から利子
率が上昇すると,投資需要は減少するので,財市場 は超過供給になります. 9.

貨幣市場の均衡条件式をM/P=L1Y+L2rとします。ここで貨幣市場の超過供給が生じるとM/P>L1Y+L2r貨幣市場を均衡=させるためには取引需要L1を増やすか、資産需要L2を増やす必要があります。仮に資産需要L2が一定の場合、取引需要L1を増やすためには国民所得Yが増加しなければなりませんL1はYの増加関数の為。また取引需要L1が一定の場合、資産需要L2を増やすためには利子率rが低下しなければなりませんL2はrの減少関数の為。つまり貨幣供給が増加したとき、取引需要、資産需要の増加或いは両方が増加することによって貨幣市場の均衡を実現することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です