supernovaとは?意味 星IIP型の超新星であった

supernovaとは?意味 星IIP型の超新星であった。ヒント。天文学
わないので教えていただける嬉い

↓問題↓

か星雲(M1)1054年爆発た超新星の残骸で、中心高速で回転ている中性子星残っている 藤原定家の明月記「天喜二(1054)年 5月11日20日の間の夜中、見慣れぬ星(客星)、オリオン座(觜[シ]?参[シン])の東見えた おう座ζ星(天関星)付近で、大きさ(明るさ)木星(歳星)ほどだった」記載されている 超新星残骸の距離有効数字1桁で求めたい
星IIP型の超新星であったて、名月記、光度曲線平坦な部分での明るさ記たの解釈する 即ち、時の超新星の絶対等級、およそ 15等級 であった仮定する 、木星の明るさ およそ 3等星 する
【ヒント】

◎「絶対等級」、10pc=32 6光年の距離おいた時の明るさ(見かけの等級) のこいう

◎明るさ(照度)距離の2乗反比例する

◎100 4 ~ 2 5118 近似てよい 前田。このような絶対的な明るさが分かっている距離もわかる星が「標準光源」
です。 光度と減光率の関係が判明した年以降。大規模な超新星プロジェクト
が組織され。この標準光源を用いて

supernovaとは?意味。超新星 星が急に太陽光度の億倍もの明るさで輝きだし,その後~年かかっ
て暗くなっていく現象のこと。超新星は,星の内部で鉄,カルシウム,ケイ素
,ネオン,酸素,炭素など,この宇宙に存在するおもな重元素を合成し,星間
そのなかでも有名なのが,年,年かに星雲で藤原定家の《明月記》に
記述がある,年チコ?ブラーエのⅠ型超新星は,水素の多い外層を
失って地球程度の大きさになった星,白色矮星わいせいが爆発したもので
ある。超新星。壮絶な星の最期 超新星とは巨大なエネルギーを伴う星の大爆発のことである。
Ⅰ型超新星では光度変化がいずれも類似しており。光度は極大になった後急激に
減光するが。その後はゆるやかに約50日の半減期で指数関数

ヒント……先生が問題出してるんかい?質問にしては、変な印象です。わからないから教えてくれと言われても、質問者にどの程度の基礎学力があり、どこまで理解でき、どこから解らないのかが明確でないので、どこまで説明すればよいやら判らず、なかなか答えにくい質問ではあります。一応の前提条件として、1 設問で何が問われているか 価格か、速度か、水圧か、国名か 正しく理解している。2 義務教育修了程度の四則演算は一通り正しく理解している。3 ◎で箇条書きされた3つの注釈を正しく理解している。4 天体の光度の等級は5等差で100倍となる等比級数であることを理解している。は問題ないでしょうか。この4点とも問題がなければ、容易な問題ですが、念のため解説すると…「絶対等級は、およそ -15等級 であった」→ 「絶対等級」とは、10pc=32.6光年の距離においた時の明るさ見かけの等級との注釈があるので、5 「見慣れぬ星客星を32.6光年の距離においたと仮定した場合の明るさは、およそ -15等級 であった」ことがわかります。「明るさは木星歳星ほどだった」との記述と、「木星の明るさは およそ -3等星 とする」との記述から、→ 6 「見慣れぬ星客星は、見かけ上およそ -3等星の明るさであった」ことがわかります。2、5、6から、→ 7 「見慣れぬ星客星は、32.6光年の距離においた時の明るさより12等級暗かった」ことがわかります。2、4、7から、→ 8 「見慣れぬ星客星は、32.6光年の距離においた時の明るさの1/100の5乗根の12乗倍 → 約63000分の1 の明るさだった」ことがわかります。「明るさ照度は距離の2乗に反比例する」との記述から、→ 9 「見慣れぬ星客星は、32.6光年の100の5乗根の6乗倍 → 約251倍 の距離にあった 」ことがわかります。2を理解していれば、→ 10 「32.6光年の251倍は、8189光年である」ことが理解できます。「有効数字」という用語をネット検索できる情報リテラシーと説明文を理解できる読解力があれば、→ 11 「8189光年を有効数字1桁に丸めると、8000光年 または 8×10の3乗光年となる」ことが理解できます。

  • 甲子園開幕記念 メジャーとダイヤのエースどっち派ですか
  • 生きてます クロッキーを始めてみたのですがこれで合ってい
  • iPhoneの充電音を変えたい ショートカットなどを利用
  • 織田信長は 織田信長は補給とかどうしてたんですか
  • 診療科?部門案内 高槻の高槻病院か大阪医科大学付属病院か
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です